投資の神様ウォーレンバフェット氏の名言を集めてみた

投資の神様ウォーレンバフェット氏の名言を集めてみた

1.ウォーレンバフェットの黄金律

ルール1:お金を失うことはありません。ルール2:ルール1を決して忘れません。

“Rule No. 1 is never lose money. Rule No. 2 is never forget Rule No. 1.”

これは、バフェットの非常に有名な言葉です。そして表面上は、非常に不正確です。バフェットは彼のキャリアを通して多くの損失を出しました。ただし、バフェットは、資金の投資方法を決定するときは、資本保全を優先リストの最上位に保つことが非常に重要であることを意味します。

2.バリュー投資に関して

ウォーレンバフェットは世界で最も価値の高い投資家と見られており、株式投資で彼の手法であるバリュー投資に関して、多くの印象的な言葉があります。 価格(Price)と価値(Value)という言葉はしばしば同じ意味で使用されますが、2つの異なる概念を表していることを理解する必要があります。バリュー投資の中心的な考え方は、受け取る価値(Value)に比べて低い価格(Price)を支払うべきということです。

「価格はあなたが支払うものです。価値はあなたが得るものです。」

“Price is what you pay. Value is what you get.”

人々はしばしば株価が暴落した時バフェットの知恵に目を向けます。

下記の5つの引用はバフェットがこれらの状況についてどのように感じているかになります。賢い長期投資家は、お気に入りの株の価格が下がる時期を好みます。これは、最も有利な購入機会のいくつかを生み出すからです。

「機会はめったに来ません。金が降ったときは、指ぬきではなくバケツを出してください。」

“Opportunities come infrequently. When it rains gold, put out the bucket, not the thimble.”

「長期にわたる恐怖はバーゲン購入に役立つため、投資家としてのあなたの友人です。」

“Widespread fear is your friend as an investor because it serves up bargain purchases.”

「靴下と在庫のどちらを扱っている場合でも、値下げされたときに高品質の商品を購入するのが好きです。」

“Whether we’re talking about socks or stocks, I like buying quality merchandise when it is marked down.”

「私たちは、他の人が貪欲であるときに恐怖心を持ち、他の人が恐怖であるときにのみ貪欲になるように試みるだけです。」

“We simply attempt to be fearful when others are greedy and to be greedy only when others are fearful.”

「私たちに起こる最高のことは、素晴らしい会社が一時的なトラブルに遭遇したときです…私たちは彼らが手術台にいるときにそれらを購入したいと思っています。」

“The best thing that happens to us is when a great company gets into temporary trouble…We want to buy them when they’re on the operating table.”

ただし、販売されているというだけで、まあまあのビジネスを購入する場合は注意が必要です。

「素晴らしい会社を素晴らしい価格で買うよりも、公正な価格で買うほうがはるかに良いのです。」

“It’s far better to buy a wonderful company at a fair price than a fair company at a wonderful price.”

言い換えれば、株が安いからといって、それが良い投資だということではありません。素晴らしいビジネスのために少しお金を払うほうが良いと言っています。ただし、バフェット氏は、優れた企業であっても、多額の支払いをしないよう警告しています。

「投資家にとって、優れた企業の株式の高すぎる購入価格は、その後の10年間の有利な事業展開の影響を取り消すことができます。」

“For the investor, a too-high purchase price for the stock of an excellent company can undo the effects of a subsequent decade of favorable business developments.”

バフェットが投資する企業で探すバフェットのお気に入りの特徴の1つは、耐久性のある競争上の優位性です。これは、コストの優位性、強力なブランド名、または何か他のものを意味する可能性があります。

「投資の鍵は、業界が社会にどれほどの影響を与えるか、またはどれだけ成長するかを評価することではなく、特定の企業の競争上の優位性、とりわけその優位性の持続性を決定することです。」

“The key to investing is not assessing how much an industry is going to affect society, or how much it will grow, but rather determining the competitive advantage of any given company and, above all, the durability of that advantage.”


安全マージンは、バフェットの投資戦略のもう1つの要です。言い換えれば、不況やその他の悪条件に関して、企業はどの程度のクッションを持っているのでしょう。このバフェットの引用は、コンセプトをうまく要約しています:

「安全の限界で、つまり、容量が10,000ポンドだと言っている橋の上を9,800ポンドのトラックで運転しようとしないでください。しかし、道を少し下って、次のようなものを見つけてください。容量:15,000ポンド。」

“On the margin of safety, which means, don’t try and drive a 9,800-pound truck over a bridge that says it’s, you know, capacity: 10,000 pounds. But go down the road a little bit and find one that says, capacity: 15,000 pounds.”

3.長期的な投資について


「9人の女性を妊娠させても、1ヶ月で赤ちゃんを産むことはできません。」

“You can’t produce a baby in one month by getting nine women pregnant.”

言い換えれば、いくつかのことは時間がかかるだけで急いではいけないということです。 ウォーレンバフェットは価値の高い投資家であるだけでなく、バ​​イアンドホールド投資の熱心な支持者でもあります。そのために、長期にわたって優れた株を購入することがなぜ最も賢明な方法であり、投資家が投資決定にどのように取り組むべきかについて、バフェットの最高の引用をいくつか示します。

「誰かがずっと前に木を植えたので誰かが日陰に座っている」

“Someone’s sitting in the shade today because someone planted a tree a long time ago”

「あなたが10年間株式を所有する気がないなら、10分間それを所有することさえ考えないでください。」

“If you aren’t willing to own a stock for ten years, don’t even think about owning it for ten minutes.”

「優れた経営の優れたビジネスの一部を所有している場合、私たちのお気に入りの保有期間は永遠です。」


“When we own portions of outstanding businesses with outstanding managements, our favorite holding period is forever.”

「投資家は、20パンチしかない生涯の意思決定カードを持っているかのように振る舞うべきです。」


“An investor should act as though he had a lifetime decision card with just twenty punches on it.”

「私は市場の動きを確実に予測する方法を知らないので、少なくとも5年間保持することが予想される場合にのみバークシャー株を購入することをお勧めします。短期的な利益を求める人は他の場所を探すべきです。」


“Since I know of no way to reliably predict market movements, I recommend that you purchase Berkshire shares only if you expect to hold them for at least five years. Those who seek short-term profits should look elsewhere.”

「家を購入するのと同じ方法で株を購入します。市場がなくても所有することに満足できるように、それを理解して気に入ってください。」


“Buy a stock the way you would buy a house. Understand and like it such that you’d be content to own it in the absence of any market.”

「投資に必要なのは、良いタイミングで良い株を選び、それらが良い企業である限りそれらにとどまることです。」


“All there is to investing is picking good stocks at good times and staying with them as long as they remain good companies.”

「年次の結果をあまり真剣に受け止めないでください。代わりに、4年または5年の平均に焦点を当ててください。」


“Do not take yearly results too seriously. Instead, focus on four or five-year averages.”

「私は株式市場でお金を稼ぐつもりはありません。彼らは翌日市場を閉鎖し、5年間市場を再開しないという前提で買います。」

“I never attempt to make money on the stock market. I buy on the assumption that they could close the market the next day and not reopen it for five years.”

「年金基金、大学の基金、貯蓄志向の個人など、長期的な視野を持つ投資家にとって、ポートフォリオの株式に対する債券の比率によって投資の「リスク」を測定するのは、ひどい間違いです。」


“It is a terrible mistake for investors with long-term horizons — among them pension funds, college endowments, and savings-minded individuals — to measure their investment ‘risk’ by their portfolio’s ratio of bonds to stocks,”

4.投資の損失について

すべての投資が勝者になるわけではありません。バフェットは、多くの場合で敗者であることが判明した株を選びました。それはあなたがあなたの成功を決定するあなたの失われた投資に対処する方法です:


「もしあなたが慢性的に漏れているボートにいるとしたら、変化する船に捧げられたエネルギーは、漏れにパッチを当てることに捧げられたエネルギーよりも生産的である可能性があります。」

“Should you find yourself in a chronically leaking boat, energy devoted to changing vessels is likely to be a more productive than energy devoted to patching leaks.”

「自分が穴にぶつかった場合に行う最も重要なことは、掘削をやめることです。」


“The most important thing to do if you find yourself in a hole is to stop digging.”

つまり、投資先の会社の1つが期待どおりの成果を上げていない場合、できる限り最悪の方法の1つとして、より多くの資金を投入し続けることができます。会社について間違っている場合の最善の方法は、その資本を機能させるためのより良い方法を見つけることです。

5.良い評判の重要性に関して

ウォーレンバフェットが投資業界で最も高い評価の1つを築いたことは否定できません。そして、バークシャーが所有する企業のほとんどは、彼ら自身の優れた評判を持っています。バフェットは、評判は常に保護されるべき貴重な資産であると考えています。

「評判を築くのに20年、それを台無しにするのに5分かかります。それを考えれば、あなたは違うことをするでしょう。」

“It takes 20 years to build a reputation and five minutes to ruin it. If you think about that, you’ll do things differently.”

「会社のためにお金を失いなさい、そうすれば私は理解するでしょう。会社のための評判の断片を失い、そして私は冷酷になります。」


“Lose money for the firm, and I will be understanding. Lose a shred of reputation for the firm, and I will be ruthless.”

6.投資の正しい考え方に関して

バフェットは、投資家として成功するために特にインテリジェントである必要があるとは考えていませんが、適切な考え方が必要です。これらの4つのバフェット宝石によれば、忍耐力と良い気質はIQよりもはるかに重要です。

「投資家にとって最も重要な品質は知性ではなく気質です。群衆と一緒にいることや群衆に反対することから大きな喜びを引き出す気質は必要ありません。」

“The most important quality for an investor is temperament, not intellect. You need a temperament that neither derives great pleasure from being with the crowd or against the crowd.”

「株式市場は、いわゆるストライクゲームです。すべてを振る必要はありません。売り込みを待つことができます。」


“The stock market is a no-called-strike game. You don’t have to swing at everything — you can wait for your pitch.”

投資の成功はIQとは関係ありません…必要なのは、他の人々を投資に困らせる衝動をコントロールする気質です。


Success in investing doesn’t correlate with IQ … what you need is the temperament to control the urges that get other people into trouble in investing.

「ロケット科学者である必要はありません。投資は、IQ 160の男とIQ 130の男を打ち負かすゲームではありません。」


“You don’t need to be a rocket scientist. Investing is not a game where the guy with the 160 IQ beats the guy with 130 IQ.”

7.手数料と悪いアドバイスを避けること

明確にするために、バフェットは価値をもたらす投資手数料に必ずしも反対しているわけではありません。一方、バフェット氏は、一般投資家を犠牲にしてウォールストリートを豊かにする過剰な手数料を非常に嫌っています。

「高額の手数料を請求するウォールストリーターが数兆ドルを管理している場合、通常、クライアントではなく、管理者が特大の利益を享受します。」

“When trillions of dollars are managed by Wall Streeters charging high fees, it will usually be the managers who reap outsized profits, not the clients.”

「ウォール街は、ロールスロイスで地下鉄に乗る人からアドバイスを受けるために乗る唯一の場所です。」


“Wall Street is the only place that people ride to in a Rolls Royce to get advice from those who take the subway.”

「リターンが7%または8%になり、手数料として1%を支払う場合、それはあなたが退職金をどのくらいの金額にするかで大きな違いを生みます。」


“If returns are going to be 7 or 8 percent and you’re paying 1 percent for fees, that makes an enormous difference in how much money you’re going to have in retirement.”

8.市場の暴落と景気後退

先に述べたように、混乱する市場への投資に関しては、多くの投資家がバフェットの知恵を利用しています。だから、ここにバフェットからのいくつかの素晴らしいアドバイスがあります:

「潮が消えるときだけ、誰が裸で泳いでいるのかを発見します。」

“Only when the tide goes out do you discover who’s been swimming naked.”

市場が上昇するとき、誰もが投資の天才のように見えます。誰が実際に長期的な戦略を立てているかがわかるのは、事態が悪化したときだけです。

「今後数年は、市場が大幅に下落する可能性があり、パニックさえも発生します。これは、事実上すべての株式に影響を及ぼします。これらのトラウマがいつ発生するかは誰にもわかりません。」

“The years ahead will occasionally deliver major market declines — even panics — that will affect virtually all stocks. No one can tell you when these traumas will occur.”

雨を予測することは重要ではありませんが、箱舟を作ることは重要です。


Predicting rain doesn’t count, building the ark does.


市場の混乱が起こります。それは「if」ではなく「when」です。だから、それらの準備をしてください。下落の最中にパニックにならないように、そしてセール中のお気に入りの会社の株を掘り出し物にしようと心の準備をしてください。

「これはチャーリー[マンガー]と私を悩ませません。実際、私たちがポジションを増やすために利用できる資金があれば、私たちはそのような価格の下落を享受します。」

“This does not bother Charlie [Munger] and me. Indeed, we enjoy such price declines if we have funds available to increase our positions.”

「資本を配備する最良の機会は、物事が落ち込んでいるときです。」

“The best chance to deploy capital is when things are going down.”


市場の暴落と市場の修正は、パニックの理由としてではなく、購入の機会と考える必要があります。実際、バフェットがこれまでに行った最も優れた投資のいくつかは、市場の崩壊時でした。

「それは投資家にとって理想的な時期でした。恐怖の気候は彼らの親友です。コメンテーターが明るいときだけ投資する人は、意味のない安心のために重い代償を払うことになります。」

“It’s been an ideal period for investors: A climate of fear is their best friend. Those who invest only when commentators are upbeat end up paying a heavy price for meaningless reassurance.”


バフェットは、金融危機に関して2009年にこれを書いた。危機の後で、バークシャーは銀行株にいくつかの精通した投資をしました、彼が市場の解説者が言っていることに集中していたらバフェットはしなかったでしょう。

9.現金の重要性についてのウォーレンバフェット

2018年末の時点で、バークシャーハサウェイのバランスシートには1,000億ドルをはるかに超える現金がありました。そして、これはバフェットの基準によっても多くありますが、バフェットは常に最低200億ドルの現金を維持することを主張しています。これらの引用は、その理由を説明するのに役立ちます。

「あまりに大きな失敗はバークシャーのフォールバックポジションではありません。代わりに、私たちが常に持つ可能性のある現金の要件が私たち自身の流動性によって小さくされるように、私たちは常に業務を調整します。」

“Too-big-to-fail is not a fallback position at Berkshire. Instead, we will always arrange our affairs so that any requirements for cash we may conceivably have will be dwarfed by our own liquidity.”

「私たちは明日の義務を果たすために見知らぬ人の優しさに頼りたくありません。私が選択を余儀なくされたとき、私は余分な利益の可能性と夜の睡眠を交換しません。」


“We never want to count on the kindness of strangers in order to meet tomorrow’s obligations. When forced to choose, I will not trade even a night’s sleep for the chance of extra profits.”

「現金は…酸素は個人に対するものであるので、ビジネスにとってのものです。それがいつ存在するかについて考えたことは一度もありません。


“Cash … is to a business as oxygen is to an individual: never thought about when it is present, the only thing in mind when it is absent”


バフェットは、バークシャーが救済策を必要とするような立場になることを決して望んでいない。バフェットは、経済状況がいかに悪化しても、会社の継続的な要件をすべて満たすのに十分な現金を手元に置いておきたいと考えています。

「私がお伝えすることの1つは、あなたが持つことができる最悪の投資です。誰もが現金が王であること、およびそのようなことすべてについて話している。現金は時間とともに価値が少なくなるでしょう。しかし、優れたビジネスは価値があるようになります時間の経過とともにさらに増加し​​ます。」

“The one thing I will tell you is the worst investment you can have is cash. Everybody is talking about cash being king and all that sort of thing. Cash is going to become worth less over time. But good businesses are going to become worth more over time.”


一方、バフェットは、現在バークシャーがしているようにたくさんの現金を持ち歩くのが好きではありません。彼はむしろバークシャーの現金を資産に投入して利益を上げ、投資家に資産をあまり多く現金に保管しないよう警告しています。

10.stock-picking

「投資に週に6〜8時間費やすのが好きなら、そうしなさい。もしそうでなければ、インデックスファンドの平均ドルコスト」

“If you like spending six to eight hours per week working on investments, do it. If you don’t, then dollar-cost average into index funds.”


バフェット氏は、誰もが株式に直接投資すべきではないことを公に認めている。株式を適切に調査したいという欲求と時間があれば、何も問題はありませんが、ほとんどの人はそうではありません。


チャーリーと私は、バークシャーが所有する市場性のある普通株をビジネスへの関心として捉えています。「チャート」パターン、アナリストの「目標」価格、メディア専門家の意見に基づいて売買されるティッカーシンボルではありません。

Charlie and I view the marketable common stocks that Berkshire owns as interests in businesses, not as ticker symbols to be bought or sold based on their “chart” patterns, the “target” prices of analysts, or the opinions of media pundits.

あなたがそれを所有したいのではなく、株を上げたいのではなく、会社に買います。


Buy into a company because you want to own it, not because you want the stock to go up.

バフェット氏は投資家に対して、投資を「株式」と考えるのではなく、株を買うことを事業全体を買うことと考えるようにアドバイスしています。

「理解できないビジネスに投資しないでください。」

“Never invest in a business you cannot understand.”

「リスクは、あなたが何をしているのかを知らないことに起因します。」


“Risk comes from not knowing what you’re doing.”

「資産の将来の収益を大まかに見積もることに不安がある場合は、それを忘れて先に進んでください。」


“If you don’t feel comfortable making a rough estimate of the asset’s future earnings, just forget it and move on.”

「収益性の高い歴史があり、ビジネスフランチャイズが支配的な企業を購入する。」


“Buy companies with strong histories of profitability and with a dominant business franchise.”

「私たちは、人々があなたを平手打ちするのではなく、あなたにキスしたいような製品を求めています。」


“We want products where people feel like kissing you instead of slapping you.”


バフェットのポートフォリオに、バイオテクノロジーや高成長テクノロジーの企業が数多く見当たらない理由があります。彼はそれらを理解していないので、彼はそれらに投資しません。投資するビジネスを理解するだけでなく、収益性、消費者が愛する製品の実績があり、業界でトップの企業の1つである企業に固執する。

「ラインストーンをすべて所有するよりも、ホープダイヤモンドに部分的に関心を持つ方がよい」と語った。

“It’s better to have a partial interest in the Hope diamond than to own all of a rhinestone.”

安いからと言って平凡なビジネスを買うよりも、大きくて素晴らしい会社に投資する方が賢明です。

「ビジネスの世界では、バックミラーはフロントガラスよりも常に鮮明です。」

“In the business world, the rearview mirror is always clearer than the windshield.”

「購入前に株式を購入する理由を書き留めておくとよいでしょう。「Microsoftを3,000億ドルで購入しているので…」と書き留めてください。自分でこれを書き留めてください。これにより、心と規律が明確になります。 」


“One thing that could help would be to write down the reason you are buying a stock before your purchase. Write down “I am buying Microsoft at $300 billion because…” Force yourself to write this down. It clarifies your mind and discipline.”

最後に、これら2つのヒントは、投資の評価に役立つ優れたアドバイスです。履歴データは常に将来の予測よりも正確であるため、分析においてはるかに大きな役割を果たすはずです。そして、あなたがお金を入れる前に、なぜあなたが会社に投資しているのかを常に知っています。

学習の重要性に関するウォーレンバフェット

バフェットはあなたの心はおそらく投資家としてあなたの最も重要な資産であると信じています。したがって、次の5つの引用が説明するように、心を鍛えることに時間を費やすことが重要です。

「私はただ自分のオフィスに座って、一日中読んでいます」

“I just sit in my office and read all day”

「私はほとんど毎日毎日座って考えるために多くの時間を費やしていると主張しています。それはアメリカのビジネスでは非常に珍しいことです。」


“I insist on a lot of time being spent, almost every day, to just sit and think. That is very uncommon in American business.”


バフェットは熱心な読者です。バフェットの仕事の大部分は彼のオフィスに一人で座って読書をすることであるということを知って人々を驚かすことがよくありますが、バフェットは彼の成功の多くをできるだけ多くの知識の彼の追求に帰します。

「あなたが行うことができる最も重要な投資はあなた自身です。」

“The most important investment you can make is in yourself.”

「自分の教育に投資することで、経済の将来に向けて最善の準備をすることができます。一生懸命勉強し、若い年齢で学ぶなら、あなたはあなたの将来を確保するための最良の状況になります。」


“One can best prepare themselves for the economic future by investing in your own education. If you study hard and learn at a young age, you will be in the best circumstances to secure your future.”

「毎日このように500ページを読んでください。それが知識のしくみです。複利のように蓄積されます。皆さんはそれを行うことができますが、多くの人がそれを行うとは限りません。」


“Read 500 pages like this every day. That’s how knowledge works. It builds up, like compound interest. All of you can do it, but I guarantee not many of you will do it.”

市場のノイズを無視することに関するウォーレンバフェット

バフェット氏によると、投資家が犯すことができる最悪の間違いの1つは、テレビ、政治ドラマ、または市場の噂に関する解説者に過度の注意を払うことです。

「54年間(チャーリーマンガーと私)は協力してきましたが、マクロや政治的環境、または他の人々の見方が原因で、魅力的な購入を忘れることはありませんでした。 」

“In the 54 years (Charlie Munger and I) have worked together, we have never forgone an attractive purchase because of the macro or political environment, or the views of other people. In fact, these subjects never come up when we make decisions.”

「20世紀には、アメリカは2つの世界大戦と他の外傷的で高額な軍事紛争、大恐慌、数十の不況と金融パニック、オイルショック、インフルエンザの流行、そして不名誉な大統領の辞任に耐えました。ダウは66から11,497に上昇した。」


“In the 20th century, the United States endured two world wars and other traumatic and expensive military conflicts; the Depression; a dozen or so recessions and financial panics; oil shocks; a flu epidemic; and the resignation of a disgraced president. Yet the Dow rose from 66 to 11,497.”

「株価予測ツールの唯一の価値は占い師を美しく見せることにあると長い間感じてきました。チャーリーと私は今でも、短期的な市場予測は有毒であり、離れた安全な場所に閉じ込められるべきだと信じ続けています。子供たちから、そして子供たちのように市場で振る舞う大人からも」


“We’ve long felt that the only value of stock forecasters is to make fortune tellers look good. Even now, Charlie and I continue to believe that short-term market forecasts are poison and should be kept locked up in a safe place, away from children and also from grown-ups who behave in the market like children.”

「他の誰もがそうであるとき、ほとんどの人が株に興味を持っています。誰もが興味がないときは、興味があるときです。人気のあるものを購入してうまくいくことはできません。」


“Most people get interested in stocks when everyone else is. The time to get interested is when no one else is. You can’t buy what is popular and do well.”

「他の人がやっていることに巻き込まれないでください。逆張りであることは鍵ではありませんが、群集の信者であることもそうではありません。感情的に離れる必要があります。」


“Don’t get caught up with what other people are doing. Being a contrarian isn’t the key but being a crowd follower isn’t either. You need to detach yourself emotionally.”

「群衆があなたに同意しないので、あなたは正しいか間違っているのではありません。あなたのデータと推論が正しいからです。」

“You are neither right nor wrong because the crowd disagrees with you. You are right because your data and reasoning are right.”


アメリカのウォーレンバフェット

一見一定の政治的見出しはありますが、その多くは未来を否定的に描写していますが、バフェット氏はアメリカの未来は明るいものであり、投資するための優れた場所であり続けると主張しています。


「240年の間、アメリカに賭けることはひどい間違いでした、そして今は始める時間ではありません。」

“For 240 years it’s been a terrible mistake to bet against America, and now is no time to start.”

「アメリカのビジネス、そしてその結果、株式のバスケットは、今後数年ではるかに価値があることは事実上確かだ」と語った。


“American business — and consequently a basket of stocks — is virtually certain to be worth far more in the years ahead.”

私たちの歴史を通じて、株式市場は長期間にわたって10%のボールパークで年間収益を提供してきました。そして、それがすぐに変わると考える理由はありません。

「候補者が当選しなかったとしても、おそらくその半分の確率で当選しなかったとしても、私はボールを取って帰宅するつもりです」

“I won’t say if my candidate doesn’t win, and probably half the time they haven’t, I’m going to take my ball and go home”


バフェットは2016年の大統領選挙で率直なヒラリークリントン支持者でした。しかし、それは彼の候補者が負けたために彼がタオルを投げたという意味ではありません-アメリカのビジネスは、ホワイトハウスに誰がいても長期的にはうまくいくでしょう。

何に投資すべきでないかを知ることに関するウォーレン・バフェット

悪い投資を回避することは、良い投資を見つけることよりもさらに重要である可能性があります。ここに、バフェットが彼のキャリアを通して学んだいくつかの知恵を示します。

「多種多様なビジネスを25年にわたって購入および監督してきたチャーリーと私は、難しいビジネス問題を解決する方法を学んでいませんでした。私たちが学んだことは、それらを回避することです。」


“After 25 years of buying and supervising a great variety of businesses, Charlie and I have not learned how to solve difficult business problems. What we have learned is to avoid them.”


言い換えれば、明確な解決策がなければ、長引く問題を抱えるビジネスに投資しているバフェットをめったに見つけられないでしょう。彼はむしろ代わりに投資する別の会社を見つけたいと思っています。

「投機は、最も簡単に見えるときに最も危険です。」

“Speculation is most dangerous when it looks easiest.”

しばらく投資している場合は、1990年代後半のドットコムバブルを思い出してください。株式市場でお金を稼ぐのが簡単だった別の期間を考えることはできません。そして、私たちは皆、それがどのように判明したかを知っています…

「投資家は興奮と出費が彼らの敵であることを覚えておくべきです。」

“Investors should remember that excitement and expenses are their enemies.”

「物事をシンプルに保ち、フェンスに振り回さないでください。迅速な利益が約束されたら、迅速な「ノー」で対応してください。


“Keep things simple and don’t swing for the fences. When promised quick profits, respond with a quick “no.”
投資が本当であるには良すぎるように思える場合、それはおそらくそうです。

コインフリッパーの半分が最初のトスに勝ちます。彼がゲームを続ければ、これらの勝者は誰も利益を期待できない。

Half of all coin-flippers will win their first toss; none of those winners has an expectation of profit if he continues to play the game.

一部の投機家は、少なくとも最初は幸運になるでしょう。長期的に見てうまくいく人はほとんどいません。

「私たちが歴史から学ぶのは、人々は歴史から学ばないということです。」

“What we learn from history is that people don’t learn from history.”

投資機会について聞くことができる最悪のことは「今度は違う」ということは何度も言われています。一般に、このフレーズを聞くと、投資には以前のバブルや流行と同じ兆候が数多く見られます。


自分の長所と短所を知ることに関するウォーレンバフェット

投資家に対するバフェットの最大の提案の1つは、彼らの「能力の輪」を知ることです。誰かが医薬品の在庫を評価するのが本当に上手であるなら、それは彼らが固執すべきことです。一方、その投資家は購入する最も安い銀行株を見つけようとするべきではありません。

「それを実現する「何も知らない」投資家に何も悪いことはありません。問題は、あなたが「何も知らない」投資家であるが、あなたが何かを知っていると思うときです。」

“There is nothing wrong with a ‘know nothing’ investor who realizes it. The problem is when you are a ‘know nothing’ investor but you think you know something.”

「コンピテンシーサークル内の企業を評価できればよいだけです。そのサークルのサイズはそれほど重要ではありません。ただし、その境界を知ることは重要です。」


“You only have to be able to evaluate companies within your circle of competence. The size of that circle is not very important; knowing its boundaries, however, is vital.”

言い換えれば、1つまたは2つのセクターだけをよく知っている場合は、「分岐」する必要があるとは感じないでください。そして、もしあなたが何も知らなければ、インデックスファンドに固執することに恥はありません。 同氏はまた、

「ポートフォリオ集中型の政策は、投資家がビジネスについて考える激しさと、投資前に投資家がその経済的特徴について感じなければならない快適さの両方を必要に応じて高めれば、リスクを減らすことができると考えている。

“We believe that a policy of portfolio concentration may well decrease risk if it raises, as it should, both the intensity with which an investor thinks about a business and the comfort-level he must feel with its economic characteristics before buying into it.

「多様化は無知からの保護です。自分のしていることを知っている人にとっては、ほとんど意味がありません。」

“Diversification is a protection against ignorance. It makes very little sense for those who know what they’re doing.”

多様化のためだけに株を買わないでください。バークシャーの株式ポートフォリオのほぼ半分は銀行で構成されています。どうして?バフェットはそのビジネスを非常によく理解しています。

甘やかされて育った子供を避けることのウォーレンバフェット

バフェットは彼の富の99%を慈善事業に寄付することを有名に計画しています。そのため、彼の妻と子供はかなりの額を継承することになりますが(10億ドルの1%はまだ大金です)、ウォーレンバフェットの家族に期待するほど多くはありません。

「私は子供たちに何でもできるように十分に与えると信じていますが、何もできないほどではありません。」

“I believe in giving my kids enough so they can do anything, but not so much that they can do nothing.”

ウォレンバフェットの借金

住宅ローンを除いて、バフェットは非常に反債務です。長年にわたり、バフェットは投資家に対して、特に株式の購入に関しては、借金を回避するよう助言してきました。

「賢い人なら、借りることなくたくさんのお金を稼ぐことになるでしょう。」

“If you’re smart, you’re going to make a lot of money without borrowing.”

「必要のないものを買うなら、すぐに必要なものを売らなければならないだろう。」

“If you buy things you do not need, soon you will have to sell things you need.”

「あなたは18または20パーセントでお金を借りて先に出ることはできません。」


“You can’t borrow money at 18 or 20 percent and come out ahead.”

住宅ローンのウォーレンバフェット

私が述べたように、バフェットの債務嫌悪の性質の1つの大きな例外は住宅ローンです。彼は、住宅所有が1つの場所に滞在することを計画している人々にとって理にかなっており、30年の住宅ローンは優れた金融ツールであると述べています。特に、金利が下がった場合は、いつでも別のローンを取得できます。

「あなたが間違っていて、レートが2%に達するとしたら、それはそうは思わないので、あなたはそれを払い戻します。これは一方向の再交渉です。これは住宅所有者にとって非常に魅力的な手段であり、一方向の賭け。」


“Because if you’re wrong and rates go to 2 percent, which I don’t think they will, you pay it off. It’s a one-way renegotiation. It is an incredibly attractive instrument for the homeowner and you’ve got a one-way bet.”

慈善寄付に関するウォーレンバフェット

私が述べたように、バフェットは彼の富の99%を与えることを計画しているので、慈善活動はバフェットにとって大きな問題であると言っても過言ではありません。自分より幸運の低い人々を世話するという概念について彼が言ったことは次のとおりです。

「人類の中で最も幸運な1%にいる場合、残りの人類の99%について考えるのは残りの人類のおかげです。」


“If you’re in the luckiest 1% of humanity, you owe it to the rest of humanity to think about the other 99%.”


「私たちはたくさんの商品やサービスを提供することを学びましたが、誰もが報奨金を共有する方法も知りませんでした。私たちのように繁栄している社会の義務は、誰もがあまりにも離れすぎないようにすることです。 」

“We have learned to turn out lots of goods and services, but we haven’t learned as well how to have everybody share in the bounty. The obligation of a society as prosperous as ours is to figure out how nobody gets left too far behind.”

ビットコインのウォーレンバフェット

バフェットは通常、生産的な資産ではないものには投資しないようにアドバイスし、ビットコインはそのカテゴリの他のほとんどの種類の資産よりもさらに悪いと考えていました。以下は、ビットコインに対するバフェットの位置を明確にするトリオのトリオです。

「ビットコインにはユニークな価値はまったくありません」

“Bitcoin has no unique value at all,”

「あなたは次の人がもっとお金を払うことを望んでいるだけです。そして、彼が彼がもっとお金を払う人を見つけようとしていると彼が思うなら、あなたはあなたが次の人をもっと見つけることができると感じるだけです。あなたがそうするとき、あなたは投資していませんあなたは推測している。」

“You’re just hoping the next guy pays more. And you only feel you’ll find the next guy to pay more if he thinks he’s going to find someone that’s going to pay more. You aren’t investing when you do that, you’re speculating.”

「それを避けてください。それは基本的にミラージュです…それがいくつかの大きな本質的な価値を持っているという考えは私の見解では冗談です。」

“Stay away from it. It’s a mirage, basically…The idea that it has some huge intrinsic value is a joke in my view.”

賢い習慣に関するウォーレンバフェット

「成功した人々と本当に成功した人々の違いは、本当に成功した人々はほとんどすべてにノーと言うことです。 あなたの時間をどのように使うかと同様に、あなたの投資を賢く選択してください。


“The difference between successful people and really successful people is that really successful people say no to almost everything.”

時間はこれ以上手に入れることができない唯一の資産なので、渡すときは非常に厳選してください。

「あなたより上手に人と付き合うのが良いです。あなたよりあなたの行動がより良い仲間を選ぶと、あなたはその方向にドリフトします。」



“It’s better to hang out with people better than you. Pick out associates whose behavior is better than yours and you’ll drift in that direction.”

自分を最高の明るい人で囲んでください。そうすれば、あなたも昇格します。怠惰と悲観論に身を包み、あなたはそのように引き寄せられます。それはあなたの選択です。

優れた管理に関するウォーレンバフェット

会社への投資や事業の買収に関して、バフェットが優れたマネージャーに与える価値を誇張することは困難です。

「情熱的な性格の高いビジネスを経営する有能なマネージャーがいる場合、あなたには数十以上の報告があり、それでも午後の昼寝の時間があります。逆に、1人でもあなたに報告している場合は、だまされている、不得意または無関心、あなたはあなたが処理できる以上のものをあなた自身に見つけるでしょう。」



“When you have able managers of high character running businesses about which they are passionate, you can have a dozen or more reporting to you and still have time for an afternoon nap. Conversely, if you have even one person reporting to you who is deceitful, inept or uninterested, you will find yourself with more than you can handle.”

「したがって、一般的にマネージャーと行う重要なことは、.400打者を見つけて、スイングの方法を伝えないことです。」


“And so the important thing we do with managers, generally, is to find the .400 hitters and then not tell them how to swing.”

ウォーレンバフェットの株式買い戻し

最近、株式の買い戻しをめぐって多くの論争がありました、そしてここにバフェットがそれらについてどう感じているかがあります:

「株式が企業の価値を下回って購入できる場合、それはおそらく現金の最良の使用法です。」


“When stock can be bought below a business’s value it is probably the best use of cash.”

「ある価格で賢いのは、別の価格ではばかげている」

“What is smart at one price is stupid at another.”

言い換えると、買戻しは、支払われた価格に応じて、良い場合も悪い場合もあります。 1株あたり100ドルの価値があり、90ドルで株を購入できると企業が信じている場合、それは資本の有効活用です。同じ会社の株が110ドルで取引されている場合、それは悪い動きです。その点を続けます:

「多くの経営陣(チーム)は、Xか月間で数十億を購入するつもりです。それは物を買う方法ではありません。価値よりも安く売るときに購入します。…かどうかを計算するのは複雑な方程式ではありません。株を買い戻すことは有益であるかどうか」


“Many management [teams] are just deciding they’re gonna buy X billions over X months. That’s no way to buy things. You buy when selling for less than they are worth. … It’s not a complicated equation to figure out whether it is beneficial or not to repurchase shares.”

ゴールドのウォーレンバフェット

先ほど、バフェットは非生産的な資産のファンではなく、金も例外ではないと述べました。バフェットがバークシャーの資本のかなりの量を貴金属に投入するのを見ることは決してないでしょう。

「私はそれ(ゴールド)がどこにあるかについての見解はありませんが、私があなたに言えることの1つは、あなたを見る以外、それは今から何もしないということです。一方、コカコーラはお金、そして私はウェルズファーゴがたくさんのお金を稼ぐだろうと思います、そしてたくさんあります-そしてそれはたくさんあります-ただそこに座って食べるガチョウよりも卵を産み続けるガチョウを持っている方がはるかに良いです保険と保管、そしてそのようないくつかのもの。」


“I have no views as to where it (gold) will be, but the one thing I can tell you is it won’t do anything between now and then except look at you. Whereas, you know, Coca-Cola will be making money, and I think Wells Fargo will be making a lot of money, and there will be a lot — and it’s a lot — it’s a lot better to have a goose that keeps laying eggs than a goose that just sits there and eats insurance and storage and a few things like that.”

「これまでに採掘されたすべての金を取ることができ、各方向に67フィートの立方体を埋めることができます。現在の金の価格で価値があるものについては、米国のすべての農地を購入できます。 。さらに、10個のエクソンモービルを購入でき、さらに1兆ドルのウォークアラウンドマネーを持っている可能性があります。または、大きな金属の立方体を持っている可能性があります。どちらを選ぶか、どちらがより多くの価値を生み出すでしょうか?」

“You could take all the gold that’s ever been mined, and it would fill a cube 67 feet in each direction. For what it’s worth at current gold prices, you could buy — not some — all of the farmland in the United States. Plus, you could buy 10 ExxonMobils, plus have $1 trillion of walking-around money. Or you could have a big cube of metal. Which would you take? Which is going to produce more value?”

インデックスファンドのウォーレンバフェット

すでに説明したように、バフェットは、適切な時間と意欲があれば、銘柄をピッキングすることをお勧めします。しかし、ほとんどの人はそうではありません。そのため、バフェットは、インデックスファンドがほとんどの人にとって最良の方法であると考えています。

「提供されたさまざまな提案の中で、非常に低コストのインデックスファンドに投資した場合-一度に資金を投入するのではなく、10年以上平均すると、90%を上回ります。同時に投資を始​​める人々の」


“Among the various propositions offered to you, if you invested in a very low cost index fund — where you don’t put the money in at one time, but average in over 10 years — you’ll do better than 90% of people who start investing at the same time.”

「S&P 500のような幅広い指標を選ぶだけです。一度にお金を投入するのではなく、一定期間に渡って実行してください。」

“Just pick a broad index like the S&P 500. Don’t put your money in all at once; do it over a period of time.”

「並外れた結果を得るために並外れたことをする必要はありません。」

“It is not necessary to do extraordinary things to get extraordinary results.”

インデックスファンドは、時間の経過とともに市場のパフォーマンスに一致することが保証されており、これは歴史を通じてかなり強力でした。

来るより多くの引用

88歳の時でさえ、バフェットはバークシャーの活動において非常に活発なままです。したがって、「最高のバフェット相場」のリストは、バークシャーの株主に手紙を書き、年次総会に参加し、金融ニュースメディアにインタビューされたときにのみ、より良くなる可能性があります。

バークシャー・ハサウェイよりも好きな10銘柄(A株)

天才投資をしているデビッドとトムガードナーが株のチップを持っているとき、それは聞くために支払うことができます。結局のところ、彼らが10年以上にわたって運営しているニュースレターであるMotley Fool Stock Advisorは、市場を3倍にしています。* デビッドとトムは、投資家にとって今すぐ購入できる10の最良の株式であると彼らが信じていることを明らかにしました…そしてバークシャーハサウェイ(A株)はそれらの1つではありませんでした!そうです-彼らはこれらの10株がさらに良い買いだと思っています。

引用元:https://www.fool.com/investing/best-warren-buffett-quotes.aspx

投資・お金カテゴリの最新記事