CentOS7にPHP7をインストールする手順まとめ

CentOS7にPHP7をインストールする手順まとめ

2020年10月17日最終更新

基本的にyumを利用してインストールしていきます。

1.PHP7.3のインストール

CentOSのデフォルトのリポジトリではPHPは5.4までしかありません。
しかし、PHP5.4では今の最新版のWordPressはやLaravelの最新バージョンは動作しないため、PHP7を導入していきます。
以下の手順では全てsudoなどの管理者権限で実行してください。
まずは、PHP5.4以降を扱っているremiリポジトリを追加します。

yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

利用可能なパッケージがあるか確認します。最新バージョンは例えばこちらから確認できます。

yum info php --enablerepo=remi-php73

こんな感じで出てくればOK

利用可能なパッケージ
名前                : php
アーキテクチャー    : x86_64
バージョン          : 7.3.16
リリース            : 1.el7.remi
容量                : 3.2 M
リポジトリー        : remi-php73
要約                : PHP scripting language for creating dynamic web sites
URL                 : http://www.php.net/
ライセンス          : PHP and Zend and BSD and MIT and ASL 1.0 and NCSA
説明                : PHP is an HTML-embedded scripting language. PHP attempts to make it
                    : easy for developers to write dynamically generated web pages. PHP also
                    : offers built-in database integration for several commercial and
                    : non-commercial database management systems, so writing a
                    : database-enabled webpage with PHP is fairly simple. The most common
                    : use of PHP coding is probably as a replacement for CGI scripts.
                    : 
                    : The php package contains the module (often referred to as mod_php)
                    : which adds support for the PHP language to Apache HTTP Server.

PHPを入れます。mbstringライブラリ、GDライブラリはWordPressの動作に必要なため、WordPressを利用する予定がある場合は一緒に入れてましょう。

yum install php php-mysql php-mbstring php-gd --enablerepo=remi-php73

Laravelを利用する場合は、下記のパッケージも入れてしまいましょう。

yum install php-openssl php-xml php-pecl-zip unzip --enablerepo=remi-php73

2.インストール確認

ちゃんと入っているか確認します。

php --version

下記が表示されればOK。

PHP 7.3.16 (cli) (built: Mar 17 2020 10:18:38) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.3.16, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

アプリケーションカテゴリの最新記事