WordPress記事に目次を作成できるプラグイン2つを比較してみた

WordPress記事に目次を作成できるプラグイン2つを比較してみた

WordPressではプラグインを利用して、投稿記事などに目次を作成することができるのですが、本記事ではその中でも人気の高い2つのプラグインを比較してご紹介します。

Easy Table of Contents

まず1つ目のプラグインはこちら。WordPressで「Easy Table of Contents」と検索して、ダウンロードをして有効化していきましょう。有効化して、設定ページを開きます。または、ダッシュボードの設定>目次を選択して設定ページを開きます。
当サイトはこちらのプラグインを利用しています。

Easy Table of Contents
Easy Table of Contents

下記は一般設定画面のキャプチャとなります。どのページで目次を有効化するか、や目次の表示条件をカスタマイズすることができます。

Easy Table of Contents設定画面
Easy Table of Contents 設定画面

Table of Contents Plus

もう一つのプラグインは、「Table of Contents Plus」です。こちらも先ほどと同じようにWordPressからインストールしましょう。
有効化して、設定ページを開きます。または、ダッシュボードの設定>TOC+を選択して設定ページを開きます。
「Table of Contents Plus」は一つ目に紹介した「Easy Table of Contents」よりもインストール数が多く評価の高いプラグインです。

Table of Contents Plus
Table of Contents Plus

「Table of Contents Plus」の設定画面のキャプチャを下記に示します。設定項目は「Easy Table of Contents」とほとんど同じですね。

Table of Contents Plus 設定画面

また、「Table of Contents Plus」には「Easy Table of Contents」にはない、サイトマップを作成できる機能があります。
サイトマップを利用するとWordPressの固定ページのリストや、カテゴリのリストを自動で作成して配置できるため、サイトの見通しがよくなります。

結局どっちを使えばいいの?

では、結局どっちを使えばいいのという話になるのですが、正直両方とも大きな機能の違いはありません。
サイトマップを利用した人は「Table of Contents Plus」一択ですが、テーマなどで似たような機能を提供しているものは山ほどあるため、そちらで代用が可能です。
僕は最終的にデザインがより気に入ったため「Easy Table of Contents」を選びました。

まとめ

ここまで、WordPressで目次を作れるプラグインを2つ紹介してきました。
どちらを選ぶかの参考になればと思います。是非プラグインを活用して目次を作ってみてください!

ツールカテゴリの最新記事