PHPのパッケージ管理ツールcomposerのインストール方法

PHPのパッケージ管理ツールcomposerのインストール方法

Composerとは

一言で表すと、PHP用のパッケージ管理システムのことです。

パッケージとは

あるPHPの「プログラムA」を動かそうと考えたとします。昨今では、「プログラムA」を動かすために、ある機能を持った別のプログラムが必要となる場合が多々あります。
このような機能単位のプログラムをパッケージと呼び、「プログラムA」はそのパッケージに依存しているといいます。
例えば、
「プログラムA」が「パッケージB」や「パッケージC」がないと動かない場合「プログラムA」は「パッケージB」や「パッケージC」に依存しているといいます。

パッケージ管理システムとは

Composerのようなパッケージ管理システムがない場合、「プログラムA」を動かすために、それぞれ必要な「パッケージB」や「パッケージC」を手動でダウンロードする必要があります。
しかし、必要なパッケージが膨大なった際に探す労力が膨大になったり、バージョン管理ができなかったり、様々な問題が発生します。
パッケージ管理システムはそれらを自動化してくれる仕組みを提供します。
PHPの場合、Composerを使えば、依存関係にある必要なパッケージをすべて自動的にインストールしてくれます。

Composerのインストール

事前にphpのインストールが必要です。入っているか分からない場合は下記のコマンドで確認できます。(バージョンが表示されればOK)
phpが入っていない人は下記の手順を参考にしてみてください。

PHPインストール
php --version

入っていた場合は下記のコマンドを使ってダウンロードします。

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"

実行後に、「composer-setup.php」ファイルがダウンロードされていればOK。実行します。

php composer-setup.php

成功したら、「composer.phar」というファイルができているはずです。
下記のコマンドでバージョンの確認ができます。
※「/home/centos/」で作業した場合。

/home/centos/composer.phar --version
Composer version 1.10.1 2020-03-13 20:34:27

グローバルパスで使う場合は下記を実行します。

sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

これで下記のコマンドだけで使えるようになるはず。

composer --version
Composer version 1.10.1 2020-03-13 20:34:27

アプリケーションカテゴリの最新記事