CentOS7でFTPサーバーを構築する手順まとめ

CentOS7でFTPサーバーを構築する手順まとめ

今回は、CentOS7にvsftpdサーバを構築した時の手順まとめです。

vsftpdのインストール

yumを使ってまずは、vsftpdのインストールを行います。

yum -y install vsftpd

ftp用のユーザを作成します。

useradd ftp-user #ユーザ作成
passwd ftp-user #パスワード

vsftpdの設定ファイル「/etc/vsftpd/vsftpd.conf」に以下の設定を記載します。

# userlist_fileで指定指定したユーザを有効にする(接続できる)
userlist_enable=YES

# アクセスファイル(/etc/hosts.allow, /etc/hosts.deny)をアクセス制御に利用しない
tcp_wrappers=NO

# ファイル(またはディレクトリ)のタイムスタンプの表示をローカルタイムで表示する
use_localtime=YES

#ユーザー毎の設定ファイルの場所を指定する。
user_config_dir=/etc/vsftpd/user_conf

#ユーザのログインディレクトリの外側にアクセスできなくする。
chroot_local_user=YES

#chrootを有効化する。
chroot_list_enable=YES

#chroot対象のユーザーリストファイルの場所を指定する。
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list

ユーザーリストファイル「/etc/vsftpd/chroot_list」を作成し、ユーザリストを追加します。

ftp-user

ユーザ設定ファイルを作成します。

mkdir /etc/vsftpd/user_conf
vi /etc/vsftpd/user_conf/ftp-user #ftpユーザ名のファイルを作成

ユーザ設定ファイルに、ftp接続時のルートを記載します。

local_root=/var/www/html

設定が完了したら、vsftpdを起動します。

#起動
systemctl start vsftpd
#自動起動設定
systemctl enable vsftpd

接続確認

下記のコマンドで接続できれば、成功です。

ftp '接続先IPアドレス'

オプション設定

#パッシブモードの接続を許可する
pasv_enable=YES

#パッシブモードで接続時のIPアドレスを指定
pasv_address='FTPサーバーのIP'

#ポート指定(ハイポート)
pasv_min_port=60001
pasv_max_port=60010

#ドットから始まるファイルを含めた一覧を返す
force_dot_files=YES

サーバ・クラウドカテゴリの最新記事